So-net無料ブログ作成
検索選択

圧力鍋の錘へ [摩訶不思議]

圧力鍋の錘様

いったい貴方はどこにお隠れなのでしょうか?

もう2,3ヶ月は会ってません。

貴方無しだと玄米が上手く炊けないのです。

貴方の代わりに御猪口で試しましたがダメでした。

一度は諦めて実家で余ってた錘を持って帰りました。

が、貴方ほどのマッチングは到底望めません。

一日も早く帰ってきてください。

大王


masukottoman-20cc0.JPGまんじゅう>無いのか、シュッシュって回るやつ。

daioukyara-25868.JPG大王>ああ、なんか代表が無くしたらしい。

masukottoman-20cc0.JPGまんじゅう>そんなもの無くなるのか???

daioukyara-25868.JPG大王>う~~ん、不思議だ。

多分、床に落としたのを「まつり」がコロコロ転がしたんじゃないかな~?

masukottoman-20cc0.JPGまんじゅう>それが無いと、ただの鍋だな。

daioukyara-25868.JPG大王>何回か掃除したんだけどな~キッチン中。

出てこない。

masukottoman-20cc0.JPGまんじゅう>捨てちゃったんじゃないか?

daioukyara-25868.JPG大王>俺もそれを疑ってる。

あんなもの普通なくならない。

masukottoman-20cc0.JPGまんじゅう>あとあり得るとしたら空間移動だな。

daioukyara-25868.JPG大王>四次元ポケットに入ったのか!

masukottoman-20cc0.JPGまんじゅう>数百年前に~

daioukyara-25868.JPG大王>平賀源内かなんかがそれを見て蒸気機関を思いつくかも。

ぽ~~~~~~~~~~ん!!! hiyokoj-43e11.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
まつり記念日猫に膝に乗ってもらう方法 TOP




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。